任意保険 人身傷害

MENU

任意保険 人身傷害

 

自動車任意保険には、自分に備える補償もあります。
自分の怪我や障害に備えるのが、人身傷害です。
自分だけでなく、搭乗者の怪我にも備えたいですね。

 

事故は自分が被害者になることもありますが、相手が無保険の場合は最悪です。
保険に入っていないくらいの相手なので、自費で払ってくれるとも思いません。
念のための保険ですが、自分への補償もつけておきましょう。

 

人身傷害と似たもので搭乗者傷害というものがありますが、これは保険金の支払われ方が違います。
人身傷害は実際の治療にかかった分が支払われ、搭乗者傷害は決まった額が支払われるのです。

 

そして、自分の車に対する補償が車両保険です。
車両保険はつけておくと安心なのですが、保険料がグッと上がるので車の年式などを考慮して入りましょう。

 

高級車、新車、外車などの場合は、修理費が高額になるのでつけておきましょう。
しかし、古い車の場合は車両保険を使って修理しても、翌年の保険金が上がる分どちらがお得か微妙になります。
つけないという選択をする人も少なくありません。

 

でも車両保険は事故だけでなく、車にキズとつけられたり車両荒らしにあったりした場合にも使えます。
このようなケースは犯人がわからないので請求できないことが多いので、できればつけておくと安心なのです。